経済学研究科博士後期課程

教育理念 概要 履修関連 担当教員一覧 入試情報

科学的な意思決定を目指して

長崎大学大学院経済学研究科長
深 浦 厚 之
(FUKAURA Atsuyuki)

「長崎大学大学院経済学研究科博士後期課程は、将来、企業や組織のトップマネジメントを目指す人々に、科学的かつ理論的な根拠に基づく意思決定能力を育成することを目的としています。この目的を達成するため、研究科ではマネジメントや意思決定手法についての基礎知識、意思決定に必要な情報の収集・分析能力、そして問題解決のための代替案の選択、結果の評価能力を高めるためのカリキュラムを提供しています。また、博士後期課程を通じて執筆する博士論文は、トップマネジメント候補者としての能力証明であると同時に、学術の世界への第一歩と言えるでしょう。このホームページを通じ、長崎大学大学院経済学研究科博士後期課程での研究に関心を持っていただけることを強く期待しています。


▲ページ上部へ