大学院進学説明会

長崎大学大学院経済学研究科

本研究科で学んで修士や博士の学位を取得することにご関心のある方を対象とした進学説明会を下記のとおり開催しますので、お気軽にご参加ください。

区分 博士前期課程 博士後期課程
一般・外国人留学生社会人
日 時 11月8日(水)
午後1時~2時
11月8日(水)
午後7時~8時
11月8日(水)
午後7時~8時
場 所 経済学部・本館2階
24演習室
経済学部・本館2階
24演習室
経済学部・本館2階
24演習室
対象者 博士前期課程での勉学に関心のある学生の方
(学部1~3年生も歓迎)
博士前期課程での勉学に関心のある社会人の方
(学部学生も歓迎)
博士後期課程での勉学に関心のある社会人・学生の方
内 容
  • 博士前期課程での教育や入学試験についての説明
  • 質疑応答
  • 個別面談
    (希望者のみ)
  • 博士前期課程での教育や入学試験についての説明
  • 質疑応答
  • 個別面談
    (希望者のみ)
  • 博士後期課程での教育や入学試験についての説明
  • 質疑応答
  • 個別面談
    (希望者のみ)
問合せ先 〒850-8506
長崎市片淵4-2-1
長崎大学 経済学部支援課大学院係
(電話) 095-820-6325
(メール) ecgra@ml.nagasaki-u.ac.jp


DBAコース「トップマネジメント特論」の
実務家による講話の報告

2016年7月16日(土) 10:30~12:00に長崎大学経済学部本館45演習室において実施されましたDBAコース「トップマネジメント特論」の実務家による講話について、下記のとおり報告します。

講話の様子
講話の様子
飛び入り参加された東條名誉教授 (右端)
飛び入り参加された東條名誉教授 (右端)

○講師 田中史王 氏

(株式会社森の家取締役,株式会社福祉のまちづくり研究所代表取締役,経営学博士 (長崎大学) 平成28年3月修了)

○演題 『私の研究と実践:経営学と企業家活動の融合を求めて』

  1. 実践活動を通して見出した意思決定研究の意義
  2. 小林一三の研究
  3. 研究活動と実務活動を有意義なものとするには

出席者は、正規大学院生 (博士後期6名、博士前期3名) と学外からの聴講者1名でした。

質疑応答では、論文・研究におけるテーマの変遷、長期履修の6年間で感じたこと、現職のトップマネジメントとしての日常のこと、などが交わされました。

なお、東條正名誉教授も飛び入りで参観されました。


▲ページ上部へ