経済学研究科博士前期課程

教育理念 概要 履修関連 担当教員一覧 入試情報

経済学研究科博士前期課程のホームページへようこそ

長崎大学大学院経済学研究科長
岡 田 裕 正
(OKADA Hiromasa)

長崎大学大学院経済学研究科博士前期課程は、「経済経営政策専攻」という一専攻制を採用しています。この専攻名には、現実の問題に対して、「経済学」と「経営学」の専門知識を用いて、解決策 (政策) を導き出す能力を持った人材を養成するという趣旨が含まれています。

具体的には、この専攻の中に、研究者養成を目指す「研究コース」と高度専門職業人の養成を目指す「経営学修士コース」(MBAコース) を設置しています。それぞれにおいて、高度専門知識を体系的に履修可能とするカリキュラムを編成しています。

また、これまでの国際交流の実績を基に、西南財経大学 (中国・成都) と国立東華大学 (台湾・花蓮県) のそれぞれの大学院との間で、ダブル・ディグリー制 (複数学位制) を開始しています (3年の就学期間)。

学部での専門知識や思考能力をより深化させたい学部卒業生や留学生の皆さん、現在の職場における問題解決を目指している皆さん、このホームページをご覧になって、本研究科博士前期課程について理解していただければ幸いです。


▲ページ上部へ