経済学研究科博士前期課程

教育理念 概要 履修関連 担当教員一覧 入試情報

長崎大学大学院経済学研究科のホームページへようこそ

長崎大学大学院経済学研究科長
岡 田 裕 正
(OKADA Hiromasa)

長崎大学大学院経済学研究科博士前期課程は、「経済経営政策専攻」という一専攻制を採用しています。この専攻名には、現実の問題に対して「経済学」と「経営学」の二つの領域から複眼的にアプローチして、解決策 (「政策」) を導き出す能力を持った人材を養成するという趣旨が含まれています。

具体的には、この専攻の中に、研究者養成を目指す「研究コース」と高度専門職業人の養成を目指す「経営学修士コース」(MBAコース) を設置しています。それぞれにおいて、高度専門知識を体系的に履修可能とするカリキュラムを編成しています。

特に、平成20年度~22年度まで、ファイナンス分野において高度専門知識を有し、アジアを中心に国際的に活躍できる人材を育成する教育プログラムに対して、文部科学省から支援を得ることができました。このプログラムに参加した院生は、毎年本研究科が主催する国際カンファレンスで、その成果を英語で発表しています。今後は、このプログラムを拡張して、新たな教育プログラムを作る予定にしています。

学部での専門知識や思考能力をより深化させたい学部卒業生や留学生の皆さん、現在の職場における問題解決を目指している皆さん、このホームページをご覧になって、本研究科博士前期課程について理解していただければ幸いです。


▲ページ上部へ