留学日記 イタリア

カ・フォスカリ大学 2015年9月~2016年6月

橋口優乃(2012年入学)

イタリアに来て6か月が経ちました。私の在籍しているカフォスカリ大学の経営学部は、2学期制ではなく、4ターム制に分かれています。現在は、第3タームが終わろうとしています。今タームは、英語で開講されている経営学部の授業2つに加え、語学としてのイタリア語の授業を受講しています。

現在受講している、product and marketing managementという授業は、どのようにブランドをつくるかという内容の授業なのですが、長崎大学にはない授業で、内容もとても興味深く、学んでいて楽しいです。院生向けの授業で、30人ほどの小規模な授業なのですが、その分、教授と学生の距離が近く、学生の発言が飛び交っています。

ベネチアに来て初めのころは、ワクワクした気持ちと、言語も制度も違う環境の中でやっていけるかという不安の両方がありました。6か月たった今でさえ、よくわからないことがありますが、大分生活にも慣れ、こちらに来てから頼れる友人もできたおかげで、毎日充実した生活を送っています。

平日は月曜日から金曜日まで毎日授業があります。遅いときは19:30まで授業があって、たいてい疲れて家に帰るのですが、たまに友人と飲みに行ったりもします。休日は、よく友人と出かけたり、一緒にご飯を食べたりして過ごします。先日は、イタリア人の友人と他大学から私と同じように交換留学で来ている日本人の友人たちと、お好み焼きパーティーをしました。

留学生活も残り2か月半となりましたが、ここでしか学べないこと、ここでしか経験できないことを、すべての五感を使って自分のものにし、充実した毎日を過ごしたいと思います。

ティラミス
イタリア人の友達とティラミスをつくりました。本場の材料で作るティラミスは格別です。
仮面カーニバル
1月下旬から2月上旬にかけて仮面カーニバルがありました。サンマルコ周辺では、本格的な仮装をした人たちが、たくさんいて中世のヨーロッパにタイムスリップしたような感じでした。
ラザニア
イタリア人の友人にラザニアの作り方を教えてもらいました。
日本語学科の友人たち
日本語学科の友人たちとティラミスパーティーをしました。
アクアアルタ
ベネチアの有名なアクアアルタの時の様子です。アクアアルタの日は長靴が欠かせません。普段はやっかいなアクアアルタですが、時に幻想的な美しさを見せてくれます。

▲ページ上部へ

▲交換留学一覧へ