留学日記 台湾

国立台湾大学 2016年9月~2017年1月

小森貴史(2014年入学)

私は、台湾にある国立台湾大学に留学しています。台湾には日本では体験できない文化や、習慣の違いもあり、半年にも満たない時間ではありましたが台湾のことが本当に好きになりました。今回は皆さんが心配するであろうことについて書いていきたいと思います。

まず一つ目に、食生活についてです。台湾の料理は、少し脂っこく野菜などが少ないように感じます。しかし、おいしいものもたくさんあります。朝は、朝ごはん専門のお店があり、私はそこでサンドウィッチまたは蛋餅と言われる料理を買い、昼は学食か大学の近くのお店で食べ、夜は夜市などで買って食べています。これでだいたい一日日本円で800円くらいです。日本料理が恋しくなった場合でも、少し離れたところですが、おいしい寿司屋さんやラーメン店があるため問題ないと思います。

二つ目に、学校生活についてですが、いきなり海外の学校に行くというのは不安も多いと思います。しかし、台湾大学は、良くも悪くも日本人が多く、前学期から留学にきている生徒に相談などもすることもできます。また、台湾の学生は本当に親切で、「あれが欲しい」などと相談すればいい場所を教えてくれたり、ついてきてくれたりすることさえあります。

台湾は、九州ほどの大きさでありながら、地方により全く違う文化が存在したり、市内を出れば素晴らしい自然と触れ合えたりと、本当にいい場所です。ぜひ、台湾への留学を検討してみてください。

大学近くの牛肉飯
大学近くの牛肉飯
十份の滝
十份の滝
台湾野球観戦
台湾野球観戦
学内のジム付き体育館
学内のジム付き体育館

▲ページ上部へ

▲交換留学一覧へ