留学日記 タイ

チェンマイ大学 2015年3月~2015年12月

永吉香菜(2013年入学)

私は入学した時から留学したいという思いがありました。チェンマイ大学に交換留学で行った先輩の話を聞き、東南アジアで将来についてじっくり考えようと思い留学を決心しました。

長崎大学での定期テストが終わり、3月から行ったのですが、授業自体は1月始まりなので、途中から参加という形になりました。経済学部は留学生が少なく、もう一人留学している北野さんを除いた他は皆タイの学生です。それでもほとんどの教科が英語で開講されています。タイの人が話す英語は訛りがあるので最初は聞き取りづらかったですが、徐々に慣れていきました。Public Financeの授業では出席した最初の日にプレゼンを割り振られ、悩みましたが、友達と話し合いを重ね、協力してプレゼンを終えることができました。

生活面では寮に住んでいるのですが、勉強部屋やジムもあり、好きな時に活用しています。タイ語しか通じない場面もあるので、タイ語を話せるようになるのも課題です。

チェンマイは観光する場所がたくさんあるので、休みを利用して友達といろんなところに足を運んでいます。またお祭りも多く、賑やかで活気に溢れている町です。日本では出来ない体験を、留学している間にしたいと思います。(2015年7月)

ゾウに乗りました
ゾウに乗りました
ソンクラン(水かけ祭り)
ソンクラン(水かけ祭り)
チェンマイ大学のシンボルである時計台
チェンマイ大学のシンボルである時計台
ドイステープ
ドイステープ
ドイインタノンという、タイで一番高い山に行きました
ドイインタノンという、タイで一番高い山に行きました

▲ページ上部へ

▲交換留学一覧へ