国際ビジネス (plus) プログラム
2014年8月8日17:00まで申し込み受付中

ふるって、ご参加下さい。ちょっとでも面白そうとおもったら、申込。迷ったら、まず申込。

申込用紙に記入して、学務係に提出提出。

特典

  1. 英語コミュニケーションII@片渕に優先して参加可能: 英語できると海外旅行が楽しい。特設申し込みページへGo!
  2. iPad mini貸与!!: 末端価格60千円相当。超便利。Wi-Fiって便利。電子書籍リーダーにもぴったり。
  3. 参加者限定勉強部屋「グローバルの間」準備予定!!: ワンランク上のプリヴィレッジ空間!!

これまでにあった質問

  • Q. 結局、何人が定員?
  • A. 30名位を考えています。多少定員超過しても、期待にお応えします。あまりに多いと、TOEICスコアで選びます。
  • Q. どこに申しこめば?
  • A. 申込用紙に必要事項を記入して、学務係に提出してください。
  • Q. 欧米に出かけたいんですけど。東南アジアですよね。
  • A. 「GSR短期海外研修」は、タイ王国に渡航します。盛りだくさんの3週間です。欧米には、留学で出かける手があります。ちなみに、タイ (特にバンコク) は、世界屈指の大都会ですよ。
  • Q. プログラムに参加すると、必ず留学しないといけないの?
  • A. プログラム修了 (平成26年度入学生向け「学生便覧」31ページ参照) には、留学が必要条件です。
  • Q. 留学資金が心配で…。
  • A. 成績や家計基準など、一定要件を満たすと、日本学生支援機構や長崎大学が、支援してくれることがあります。資金をさほど必要としない国もあります。まずは500円貯金から。
  • Q. プログラムを途中でやめることはできますか?
  • A. 国際ビジネス (plus) プログラム修了要件を満たさなければ、結果として同じことです。満たさなかったとしても、不利になることはありません。怒られたりもしません。
  • Q. 就職に有利ですか?
  • A. 努力次第です。
  • Q. 英語苦手で…
  • A. よい機会です。学びましょう。いまどき、英語からは逃げられません。少人数で確実に英語能力向上を目指す講義も、開講します。
  • Q. 余計に勉強しなければならないのですか?
  • A. 国際ビジネス (plus) プログラム科目が、コース科目になっているコースもあります。無駄にはなりません。むしろお得かもしれません。
  • Q. なにかいいことありますか?
  • A. たくさんあります。外国人と渡り合う度胸と能力がつきます。人類社会についてより突っ込んで考えられるようになります。気がついたら、周りよりも大人になってます。
  • Q. 知らない人と勉強するんですよね…。
  • A. 知っている人になれるよう、いろいろ考えてます。SNS (FacebookLINEみたいなもの) をつかって連絡網をつくったり、BBQみたいな行事をしてみようかなぁと。流しそうめん、お好きですか?
  • Q. メールチェックとかしないし、LINEしか見てません。
  • A. メールチェックはしたほうがいいです。外国人はFacebookを好みます。もちろん毎日チェック。
  • Q. 外国に関心ありません…。
  • A. プログラムに参加しない人生もあります。
  • Q. わからないことがあるけど、どこに尋ねていいかわからない。はずかしいし。
  • A. 尋ねることも練習です。オープンラボ3 (本館3階南東側) に、くわしい先生がいつもいます。学務係でもいいですよ。
  • Q. 将来、海外で働きたいです。
  • A. いい心がけです。かなり修行を積むことになりますが、意気やよし。
  • Q. 外国人苦手で…。
  • A. お互い様です。つきあってみると、意外におもしろい人だったり、知的な人だったりします。
  • Q. 外国って、危なくないですか?
  • A. 危ない目に遭う時はたいてい、日本でもあたりまえなことを守っていない時です。夜は出歩かない、現金を見せびらかさない、むやみに他人を信用しないあたりが、身を守るポイントでしょうか。
  • Q. わからないことが多くて不安です。
  • A. 後から振り返ると、意外とそれほど多くないものです。各授業を担当する教員は、経験豊かです。つまずきそうなことが起きる前に、手を貸してくれますよ。
  • Q. 借りたiPadmini、壊したらどうなるんですか?
  • A. 形あるものはいつか壊れます。よっぽどでない限り、責を問うことはないでしょう。それよりも、活用して勉強してくれれば、うれしいです。

▲ページ上部へ