2013年2月 イタリア研修

イタリア研修での一コマ その1

2013年2月25日から1週間、長崎大学経済学部の学生22名と引率教員2名でイタリアのベネチアにあるカフォスカリ大学マネジメント学科にて講義体験と文化交流を行って参りました。1日5時間行われた講義内容はとても豊かなもので、特に中小企業の数が圧倒的に多いイタリアの経済経営の特徴に関する講義は、学生にとって刺激になったようです。講義はすべて英語で行われましたが、イタリア語を多く覚えた参加者もおり、お別れ会では教授陣とイタリア語でコミュニケーションをとることができたようです。また、現地のイタリア人学生の会話内容が政治から人生観におよぶまで日本の学生の話題よりは大人びていることに驚いた学生もいたようです。このように実際に体験を通して肌で感じたことは深く記憶に残ることでしょう。今後のやる気につながってくれることを期待します。

イタリア研修での一コマ その2 イタリア研修での一コマ その3

▲ページ上部へ

▲センターレポート一覧へ