2014年3月 韓国研修

2014年3月11日から20日まで経済学部の学部生9名が、韓国の協定校である中央大学を訪問しました。徐と河津が同行しました。経営経済学部では「金融経済学」「組織行動論」「経済数学」など、英語で開講されている授業に韓国の学生と共に参加しました。このほか、経営専門大学院日本地域最高経営者過程JAMPの取り計らいで、韓国日系企業のカリスマ会長による特別講演、日本大使館経済部長による日韓経済に関する講義、JAMP主任教授による特別講義などを受けました。

研修はキャンパスの外でも行われ、証券取引所と日本大使館広報文化院で講義を受けたほか、三星電子広報館、韓国民俗村などを訪問しました。最終日の夜には、学内のUniversity Clubで送別会が開かれ、吳奎澤学部長から修了証が手渡されました。中央大学のWebにも長崎大学からの研修団訪問の記事が掲載されました。

ハングルで「中央大学校」
ハングルで「中央大学校」
「韓国取引所」で講義の前に
「韓国取引所」で講義の前に
帰国前夜の送別会
帰国前夜の送別会
民俗衣装を試着
民俗衣装を試着

▲ページ上部へ

▲センターレポート一覧へ