実施報告

「長崎大学経済学会・2014年度第8回ファカルティセミナー合同研究会」を開催しました


平成27年3月4日 (水)、本学部東南アジア研究所ファカルティセミナー室において、青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科の小林裕明氏をお招きし、「近年の課税訴訟の傾向と課税庁の対応」と題する研究会を開催しました。

講師から、近年の課税訴訟を巡る状況及び判決の傾向について、その背景及びいくつかの代表的な裁判例を交えながら説明が行われ、敗訴判決を踏まえた課税庁の訴訟事件に対する対応策についても説明が及びました。

最近の特徴的な事件として、「公正処理基準」の該当性を巡る事件 (東京高裁平成25年7月19日判決) が取り上げられ、企業会計と法人税法の課税所得計算との関係及び相違点についても言及があり、活発な質疑が行われました。



▲ページ上部へ

講演会・研究会のページへ