実施報告

伊藤治文氏による講演会「原価企画を中心とした原価管理プロセスの実践」を開催しました


2015年6月18日(木) 16:30より、本学片淵キャンパス扶揺会館 (生協) 3階談話室①にて、富士ゼロックス株式会社調達本部伊藤治文氏による「原価企画を中心とした原価管理プロセスの実践」の講演会が行われました。当日は学部学生だけでなく大学院生や教員など17名が参加し、活発な質疑応答も行われました。

富士ゼロックスでは原価企画を利益目標達成のための手段として明確化し、そのための組織構造および原価管理プロセスを数十年かけて構築し進化させています。伊藤氏は同社の組織構造とシステムの関係性や機能を具体的な数値を交えながら紹介され、一般的なテキストでは知ることのできない貴重な知識や情報を得ることができました。学部学生にもなるべく分かりやすく伝えるために、専門用語を平易な言葉に置き換え具体例を取り入れながら説明してくださり、学生にも貴重な学習機会となりました。

また、富士ゼロックスの原価企画の特徴として、原価企画における原価目標と原価改善における改善目標とが予算管理の目標値と結びついており、新商品開発から現商品の生産管理までの持続的な原価低減活動を可能にしていることがあげられます。このような先進的な事例は教育ならびに研究上極めて価値が高く、学部学生だけでなく大学院生や教員にとっても有意義な講演となりました。

(主催: 長崎大学経済学部、長崎大学経済学会)



▲ページ上部へ

講演会・研究会のページへ