実施報告

「長崎大学経済学会・2018年度第1回ファカルティセミナー合同研究会」を開催しました


2018年7月12日16時半より,経済学部ファカルティセミナールームにおいグラスゴー大学林貴志先生による“Can everyone benefit from economic integration?”をテーマとした研究会が行われました.

林先生からは,それぞれ独立した経済が統合することによって,誰も損をしない資源配分が可能であるか,つまり全員にとって望ましい経済統合がありえるのかという問いについて分析の結果が紹介されました.

参加者から活発な質問が相次ぎ,とても有意義な議論が展開されました.


▲ページ上部へ

講演会・研究会のページへ