実施報告

長崎大学経済学部・長崎大学経済学会講演会「会計ビッグバン後の監査業務の変化~社会からの期待と果たすべき役割~」を開催しました。


2018年11月16日 (金) 18時から、新日本監査法人東京事務所の山岸聡氏をお招きし、標記講演会を開催しました。

現役の会計士の目からみた会計ビッグバン後の監査業務の変化について、体験談を基礎としてご講演いただき、M&Aの具体的手続きの過程やのれんの会計をはじめ、為替予約、内部統制など日々の監査業務にかかる内容をIFRSと日本基準の実態を踏まえながら解説いただきました。

講演後には、聴講学生から、M&Aのパターンに関する質問や会計士試験に関する質問がなされ、さらに議論が進み盛況のうちに幕を閉じました。


▲ページ上部へ

講演会・研究会のページへ