実施報告

「2018年度第6回ファカルティセミナー」を開催しました。


2018年11月22日16時より、経済学部ファカルティセミナールームにおいて Hong Kong Polytech University の Walid Saffar 先生による“The Effect of Timely Loan Loss Recognition in the Banking System on Firms' Debt Structure”をテーマとしたセミナーが行われました。

Walid Saffar 先生からは、銀行の不良債権認識のタイミングが貸し出しを受けている企業に与える影響、特に財務上の意思決定に与える影響についての研究報告がありました。

参加者から活発な質問が相次ぎ、とても有意義な議論が展開されました。



▲ページ上部へ

講演会・研究会のページへ