学生活動

【平成30年度 学生懸賞論文表彰式が行われました】

平成31年2月7日(木)、経済学部学部長室において平成30年度学生懸賞論文表彰式が行われました。今年度の学生懸賞論文には14編 (個人12編、グループ2編) の応募があり、厳正な審査の結果、1編 (個人) が3等に入選し、表彰式では岡田学部長から入賞者に賞状と賞金が手渡されました。

入選論文の論題は「国際ビジネスプログラム参加者によるフィードバックと展望について」。論文で取り上げられた「国際ビジネスプログラム」に因み学部長から、本学部は前身の長崎高等商業学校時代からグローバル人材の育成を目指してきたことなど経済学部の歴史についてもお話がありました。

入選論文は『学生論文集』として3月に刊行予定です (今年度は昨年度の入選論文1編もあわせて掲載されます)。来年度応募してみようという学生さんはぜひご覧になってください。


表彰式の様子
「賞金は何に使うの?」
「今回の取組みを今後の学業や就職活動に活かしてください。」
前列右:岡田学部長
後列:深浦研究企画委員長

学生懸賞論文、「学生論文集」に関するお問合せは東南アジア研究所1階事務室まで

過去の学生懸賞論文一覧
http://www.econ.nagasaki-u.ac.jp/under_g/activity/index.html#prize_essay


▲ページ上部へ